お知らせ

MENU
お知らせ 2020年2月14日

令和元年度支援者支援事業「復興期の心理的特徴の理解と支援」

 令和2年1月30日(木)に「復興期の心理的特徴の理解と支援」と題して支援者支援事業を実施しました。
 講師としてPTSDやトラウマの治療や研究、災害時の精神医療に携わられている国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所所長の 金 吉晴 先生をお迎えしました。
 講演では、災害急性期から復興期にかけての被災者の心理的反応、被災者の心理的苦痛を軽減するためのプログラムであるSOLARの紹介、遺族の悲嘆とそのケアなど幅広い内容を参加者の声を聞きながら一つひとつ丁寧にお話しいただきました。
 参加者からは「事例も多く語っていただいたので,イメージがよくできた」「遺族の悲嘆との関わりで,気を付けなければならないことを学んだ」「被災者に対する心理的支援において,どのような視点を持つべきか理解する良い機会となった」といった感想がありました。多く方にご参加いただき、大変好評の内に終了することができました。

ページの先頭へ