お知らせ

MENU
お知らせ 2019年3月19日

平成30年7月豪雨災害後の心のケア会議を開催しました。

  

 平成31年3月6日(水)に平成30年7月豪雨災害後の心のケア会議を開催しました。
 平成30年7月豪雨災害の支援者は、被災者の心のケアをしていく中で様々な課題に直面し悩みを抱えていることが考えられます。今回の連絡会議では、過去の災害での支援についての講義や参加者の意見交換などを行うことで心のケアの活動を支援するために開催されました。
 広島こころのケアチームは9月から半年間の活動実績の報告や所感、今後の活動について報告をさせていただきました。
 講師として公益社団法人熊本県精神科協会 熊本こころのケアセンター長の矢田部 裕介先生をお迎えし、「災害後の心のケア~支援のポイント~」の演題で講演をしていただきました。また、意見交換会での話題提供として神戸赤十字病院 心療内科部長 村上 典子先生より「災害におけるグリーフケア」についてお話いただきました。その後災害から半年以上経過して初めて遺族へ関わる際の言葉かけや介入を拒否される遺族への関わり方について意見交換が行われました。
 出席者は熱心に話に聞き入り、明日からの活動に生かされると期待できる会議でした。

ページの先頭へ